外貨預金を利用するときに知っておくべきこと

外為法改正によって誰でも簡単に外貨預金をすることができるようになり、実践している人も多いと思います。外貨預金というものは日本の円を外国の通貨(ドル、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルなど)に換えて金融機関に預けることができるサービスです。ただ外貨に換えて預けるだけならメリットはないように感じますが、外国の通貨は日本にくらべて金利が高いため預けておくことで利息が多く入ってくると言うメリットがあります。

外貨預金は為替の変動が影響を与えます。円安や円高という言葉聞いたことはあってもどういった物かを気にする人はいないかもしれません。外貨預金を行うときにはこの円高と円安について詳しく知っておかないと損をすることもありますので気を付けましょう。預けた時よりも引き出すときに円高が進んでいると為替差で損をする可能性があります。利息でお金が入ってきても為替差でマイナスになったらお金が減ってしまうことに注意して外貨預金を利用してみてください。

通過の選び方にも注意です。金利が高い通貨は為替変動を受けやすくリスクの高い通貨です。上手く円安になってくれるならいいけど円高に進んだときにはマイナス分が大きくなります。為替変動に影響されにくい通貨を利用してみると安全に外貨預金を利用できますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>